社会保険労務士

社会保険労務士とは、
社会険労務士法に基づき、労働・社会保険と人事労務管理を専門に取り扱う国家資格です。

社会保険労務士が行う業務は、
○労働・社会保険諸法令に基づいて行政機関等に提出する申請書等を作成する。
○申請書等について、その提出に関する手続きを代理する。
○労働・社会保険諸法令に基づく申請等について事務代理をする。
○個別労働関係紛争解決促進法に定める紛争調整委員会におけるあっせん等について、紛争当事者を代理する。
○労働・社会保険諸法令に基づく帳簿書類を作成する。
○事業における労務管理その他の労働に関する事項及び労働・社会保険諸法令に関する事項について相談に応じ、又は指導する。

と社会保険労務士法に規定されています。

【社会保険労務士試験データ】

受験手数料
9,000円

受験資格
<学歴による制限>
・学校教育法による大学、短期大学、高等専門学校を卒業した者など。
<職歴による制限>
・労働社会保険諸法令の規定に基づき設立された法人の役員又は従業者として同法令の実施事務に従事した期間が通算して3年以上になる者。(非常勤は除く)
・国又は地方公共団体の公務員として行政事務に従事した期間及び特定独立行政法人、日本郵政公社の役員、職員として行政事務に相当する事務に従事した期間が通算して3年以上になる者。
・社会保険労務士若しくは社会保険労務士法人又は弁護士の業務の補助に従事した期間が通算して
3年以上になる者など。
・司法試験第一次試験又は高等試験予備試験に合格した者、行政書士資格を有する者など。

試験科目
労働基準法、労働安全衛生法、労働災害補償保険法、雇用保険法、健康保険法、
厚生年金保険法、国民年金法、労働保険の保険料の徴収等に関する法律
労務管理その他の労働及び社会保険に関する一般常識

問合せ先
社会保険労務士試験センター  
〒103−0021
東京都中央区日本橋本石町3−2−12 社会保険労務士会館 5階     
電話 0120−174−864

過去の合格率
平成17年度 8.9%
平成16年度 9.4%
平成15年度 9.2%