CGエンジニア検定

CGエンジニア検定とは、
文部科学省認定の資格で、コンピューターを使っていろいろと作り出した、デザインなどによる表現の仕事している人、目指す人が取得します。

従来のCG検定と画像処理検定の内容を継承しながら、さらなる応用領域の広がりに対し、理論に基づく技術開発ができる人材の育成をめざすための構成となっており、試験は3級から1級まであります。

3級はCGや画像処理分野のエンジニアをめざすのに必須の技術に関する基礎知識が問われる。2級からは「CG部門」「画像処理部門」に分けられ、それぞれの分野で開発を行うために必要な手法やアルゴリズム、システムなどについてマークシート方式の試験で評価します。

【CGエンジニア検定試験データ】

受験手数料
3級 4,000円(2007年より4,500円)
2級 5,000円(2007年より5,500円)

受験資格
制限なし

問合せ先
CG-ARTS協会((財)画像情報教育振興協会) 検定実施センター
〒104−0031 東京都中央区京橋1−11−2
電話 03−3535−3501

過去の合格率
平均
3級  60%台
2級  30%台