Javaプログラミング能力認定試験

Javaプログラミング能力認定試験とは、
Javaに関する基本知識を有し、オブジェクト指向に基づくアプレットやアプリケーションプログラムを作成できる能力を認定する資格です。

Javaプログラミング能力認定試験には、以下の3段階のレベルがあります。
1級は、Javaを駆使し、実務お行える応用プログラムを作成できる能力があること。
2級は、Javaに関する一般的な知識があり、小規模なプログラム(アプリケーション、アプレット)が適切に書ける程度であり、オブジェクト指向についての一般的な概念を理解しているレベルであること。
3級は、Javaに関する基本的知識があり、簡単なプログラムが書け、オブジェクト指向についての基本的な概念を理解している程度のレベルであること。

【Javaプログラミング能力認定試験データ】

受験手数料
3級 4,600円
2級 5,600円
1級 6,900円

受験資格
制限なし

問合せ先
サーティファイ情報処理能力認定委員会
〒104−0031
東京都中央区京橋3−3−14 京橋AKビル6F
電話 0120−031−749

過去の合格率
平均 40〜45%台