通関士

通関士とは、
商品を輸出入する際に必要な税関の許可について、実際に輸出入する人に代わり、税関への申告業務を行います。

業務については、通関手続きの代理、税関長または財務大臣に対する不服申立ての代理、税関官署の調査、検査もしくは処分についての税関官署に対する主張・陳述、輸出入申告書、不服申立書など通関書類の作成などがあります。

【通関士試験データ】

受験手数料
3,000円

受験資格
制限なし

試験科目
通関業法、 関税法、関税定率法(択一式10問、記述式2問)
その他関税に関する法律及び、
外国為替及び外国貿易法(第6章に係る部分に限る)(択一式20問、空欄記述式5問)

通関書類の作成要領その他通関手続の実務
・関税暫定措置法、
・日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約第6条に基づく施設及び区域並びに
日本国における合衆国軍隊の地位に関する協定の実施に伴う関税法等の臨時特例に関する法律
・.コンテナーに関する通関条約及び国際道路運送手帳による担保の下で行なう貨物の国際運送に関する通関条約の実施に伴う関税法等の特例に関する法律
・物品の一時輸入のための通関手帳に関する通関条約の実施に伴う関税法等の特例に関する法律
・電子情報処理組織による税関手続の特例等に関する法律

問合せ先
最寄りの税関の業務部通関業監督官
東京エリアの場合
東京税関業務部通関業監督官
〒135−0064
東京都江東区青海2丁目56番地 東京港湾合同庁舎
電話 03−3599−6356
           

過去の合格率
平成16年度 18.8%
平成15年度 12.1%
平成14年度 28.6%