ビオトープ管理士

ビオトープ管理士とは、
財団法人 日本生態系協会が認定する資格で、地域の自然生態系を守り、取り戻すビオトープ事業・自然再生事業を効果的に推進するために必要な、知識、技術、評価、応用能力をもつ者に与えられる資格とされています。

ビオトープ管理士には、計画部門と施工部門があり、それぞれ難易度によって1級、2級に分かれています。したがって、資格としては、1級のビオトープ計画管理士、ビオトープ施工管理士、2級のビオトープ計画管理士、ビオトープ施工管理士 の4種類があり、それぞれ専門性や問われる知識・考え方の深さによって異なる試験を受けます。

【ビオトープ管理士試験データ】

受験手数料
1級  13,000円
2級  9,000円

受験資格
制限なし。
ただし、1級受験には、2級合格が条件となっています。

問合せ先
財団法人 日本生態系協会 / ECO-JAPAN
〒171−0021
東京都豊島区西池袋2−30−20 音羽ビル
電話 03−5954−7106