造園技能士

造園技能士とは、
庭に関するあらゆる知識と技能について検定を行い、その合格者に与えられる厚生労働省認定の国家資格です。

造園技能士には1〜3級があります。
1級技能士は、官庁営繕工事における現場常駐制度や、建設業法における一般建設業の主任技術者として認められ、経営事項審査の評価対象技術者にもなるなど評価が高いです。

造園技能士は、一般の家庭の庭づくりや維持管理ばかりでなく、大規模な公共工事では現場に参加することが義務づけられるなど、その高い技能を社会の中で活用発揮できます。

【造園技能士試験データ】

受験手数料
学科 3,100円
実技 15,700円

受験資格
<3級>
・実務経験1年以上の者 
・職種と同じ学科を卒業した者、または最終学年に在学中の者
<2級>
・実務経験3年以上の者
・(職種と同じ学科を卒業した場合)高卒2年,大卒0年,短大・専門卒1年,専修・各種学校卒で
800時間修了者は1年,同2800時間修了者は0年, それぞれ、その年数以上の実務経験が必要。
<1級>
<2級合格者の場合>
・実務経験のみが5年以上あるもの
・職業訓練修了者の場合は、3年以上
<1級直接受験の場合>
・実務経験のみ12年以上
・(職種と同じ学科を卒業した場合)高卒10年,大卒8年,短大・専門卒9年,専修・各種学校卒で
800時間修了者は7年,同2800時間修了者は6年, それぞれ、その年数以上の実務経験が必要。

問合せ先
中央職業能力開発協会
〒112−8503
東京都文京区小石川1−4−1 住友不動産後楽園ビル
電話 03−5800−3638