不動産鑑定士

不動産鑑定士とは、
不動産の適正価格を決める専門家です。

近年、鑑定評価の依頼は増加傾向にあり、地価公示、地価調査、相続税標準地等の評価や公共用地買収等に関する資産評価、賃料改定や相続等に伴う訴訟案件の評価、破産、会社更生等に伴う資産評価、担保物件評価、一般的な不動産売買に当たっての参考資料としての価格評価、現物出資、企業会計上の必要による資産評価など、民間からの依頼も増加している背景にあります。また、さらに不動産鑑定士の業務は、コンサルティング、デュー・デリジェンス(物件精査業務)など、今や、活躍の分野は広がり、不動産資格の最高峰とされています。

【不動産鑑定士試験データ】

受験手数料 
13,000円

受験資格
制限なし(論文式試験は短答式合格者のみ)

問合せ先
国土交通省 土地・水資源局地価調査課
〒100−8918
東京都千代田区霞ヶ関2−1−3
電話 03−5253−8111

過去の合格率
平成17年度    7.4%