作業療法士

作業療法士とは、(Occupational Therapist 略してOT)
「理学療法士及び作業療法士法」という法令で定められる国家資格です。
リハビリテーションの現場において、理学療法士、言語聴覚士とともに活躍する医療、福祉界の専門職です。

作業療法士は、人間として生きていく上での(作業)活動を理解、分析し、利用できる力を身につけることが不可欠とされていて、入浴や摂食などの日常生活動作から 、職場復帰に至るまで、作業療法の内容は広範囲にわたっています。障害をもつ人々の自立生活の援助、個々の 充実した日常生活作りに積極的に関与する作業療法士の仕事は、生活そのものを力強くサポートしています。

【作業療法士試験データ】

受験手数料
10,100円

受験資格
・学校教育法(昭和22年法律第26号)第56条の規定により大学に入学することができる者で、文部科学省令・厚生労働省令で定める基準に適合するものとして、文部科学大臣が指定した学校又は厚生労働大臣が指定した作業療法士養成施設において、3年以上、作業療法士として必要な知識及び技能を修得したもの(平成18年3月31日(金曜日)までに修業し、又は卒業する見込みの者を含む。)

・外国の作業療法に関する学校若しくは養成施設を卒業し、又は外国で作業療法士の免許に相当する免許を得た者で、厚生労働大臣が認定したもの

・法の施行の際(昭和40年8月28日)現に文部大臣又は厚生大臣が指定した学校又は施設において、作業療法士となるのに必要な知識及び技能を修業中の者であって、法施行後に当該学校又は施設を卒業したもの

問合せ先
厚生労働省医政局医事課試験免許室
〒100−8916
東京都千代田区霞が関1丁目2番2号
電話 03−5253−1111

過去の合格率
平成17年度  88.4%