精神保健福祉士

精神保健福祉士とは、
1997年に誕生した精神保健福祉領域のソーシャルワーカーの国家資格です。
精神保健福祉士は、当初、精神科ソーシャルワーカー(PSW)といって、50年ほど前から精神科医療機関が中心となり、導入された古くからある専門職です。
学問基盤を社会福祉学に置き、精神障害者の抱える生活、社会問題の解決援助、社会復帰への支援活動などをサポートしています。

近年のストレス増加社会にあって、医療、保健、福祉の領域で活躍する精神保健福祉士の役割が、さらに重要視されています。

【精神保健福祉士試験データ】

受験手数料   
12,500円

受験資格
学校教育法に基づく大学(短期大学を除く)において厚生労働大臣の指定する精神障害者の保健及び福祉に関する科目(「指定科目」という。)を修めて卒業した者(平成18年3月31日までに卒業する見込みの者を含む。)又は大学で指定科目を修めて、同法第67条第2項の規定により大学院へ入学を認められた者などの制限あり。

問合せ先
財団法人社会福祉振興・試験センター
〒150−0002 東京都渋谷区渋谷1−5−6
電話 03−3486−7521
試験案内専用電話 03−3486−7559