調理師

調理師とは、
調理に関する技術はもちろん、食品の栄養、衛生、食中毒、適切な
調理法など関連分野の幅広い知識を持っていると証明する厚生労働省管轄の国家資格です。

調理の仕事は必ずしも調理師免許がなくても可能だが、免許取得を
採用条件に課している料理店は多く、就・転職の際の大きな武器となります。

【調理師試験データ】

受験手数料
6,800円

受験資格
以下の学歴と職歴が必要です。
学歴
・中学校卒業以上の者
・小学校を終了した者であって、職歴に記載されている施設又は営業施設で5年以上調理業務に従事していた者
・学校教育法による各種学校として認可されている外国人学校の中等部を修了した者で、上記アと同等以上の学力があると厚生労働大臣が認定した者

職歴
学歴修了後、調理師法施行規則第4条に規定する給食施設又は営業施設で、2年以上調理業務に従事していた者(ただし、小学校を終了した者であって、職歴に記載されている施設又は営業施設で5年以上調理業務に従事していた者は、7年以上)
・飲食店営業(旅館、簡易宿泊所含む。)
・魚介類販売業(販売のみで、調理工程を認められていないものは除く。)
・そうざい製造業(煮物(つくだ煮を含む。)、焼物(炒め物を含む。)、揚物、蒸し物、酢の物又はあえ物を製造する営業をいう。)
・学校、病院、寮等の給食施設(継続して1回20食以上又は1日50食以上調理している施設)

問合せ先
各都道府県調理師試験担当課