米国公認会計士(CPA)

米国公認会計士(CPA)とは、
国内はもとより世界各国で活躍できる国際資格です。企業に対して会計・税務・経営に関するサービスを提供します。米国公認会計士の主な業務は、監査業務や財務諸表の作成、経営・財務・税務に関する調査、立案、相談といったマネジメントサービス(MS業務)で、米国公認会計士(CPA)の活躍の場は国際ビジネスコンサルティング、国際税務、資産運用アドバイザーなど、グローバルに広がっています。

【米国公認会計士(CPA)試験データ】

受験資格
受験する各州によって内容は異なります。
基本としては、4年制大学卒業程度とビジネス、会計単位の取得が必要とされます。

試験科目
Auditing & Attestation(監査及び証明業務)、Financial Accounting & Reporting(財務会計)、
Regulation(法規)、Business Environment & Concepts(ビジネス環境及び諸概念)の4科目

問合せ先
各州に設置してあるBoard of Accountancy