公認会計士

公認会計士とは、
監査・税務・コンサルティング等のプロフェッショナルとして、企業に高度なサービスを提供していきます。
公認会計士の業務には、「財務諸表監査」、「税務」、「MAS」があり、これらは、一般的に3大業務と呼ばれています。

公認会計士の資格試験は、従来、1次から3次試験までありましたが、2006年度の改正により、1次試験を廃止し、全員短答式からスタートします。

短答式合格後、論文式試験へ、そして最終合格となります。今までの3次試験は廃止し、登録制となります。また、科目合格制をとりますので、働きながらでも合格しやすくなりました。

【公認会計士資格試験データ】

受験手数料
19,500円

受験資格
制限なし

問合せ先
各地方財務局理財課
または、
公認会計士 監査審査会
〒105−0001
東京都港区虎ノ門2−2−1 JTビル14階
電話 03−5114−3600

過去の合格率
2次試験平均 7%前後と難易度は高い