放射線取扱主任者

放射線取扱主任者とは、
放射線障害防止法のもと、放射性同位元素あるいは放射線発生装置を取扱う際に、放射線障害の防止について監督を行う者をいいます。
 
放射性同位元素及び放射線発生装置は、その取扱いによっては、放射線障害を発生する危険性が高いものです。したがって、取扱に関し、放射線業務従事者や一般公衆等に対して放射線障害の防止を図るため、事業所又は法人ごとに放射線取扱主任者を選任し、監督を行わせることなどが法律で規定されています。

放射線取扱主任者の免状は、取扱うことができる範囲の広いものから第1種、第2種、第3種に区分されています。

【放射線取扱主任者資格試験データ】

受験手数料
第1種試験 13,900円
第2種試験  9,900円

受験資格
制限なし

問合せ先
財団法人 原子力安全技術センター
放射線安全事業部安全業務部 主任者試験グループ
〒112−8604
東京都文京区白山5−1−3−101号
東京富山会館ビル4 階
電話 03−3814−7480

過去の合格率
平成17年度 24%
平成16年度 24%