気象予報士

気象予報士とは、
平成6年度の気象業務法の改正により、導入された制度です。

気象予報士は、防災情報と気象情報の関連性をかんがみ、不適切な気象情報により、社会混乱を防ぐため、気象庁から提供される数値予報資料などの高度な予測データを、適切に利用できる技術者を確保することを目的としている制度です。

予報業務を行う事業者は、現象の予想を気象予報士に行わせることを義務づけられています。

【気象予報士資格試験データ】

受験手数料
11,400円

受験資格
制限なし

試験内容
学科試験と実技試験があります。

問合せ先
財団法人 気象業務支援センター試験部
〒101−0054
東京都千代田区神田錦町3−17 東ネンビル
電話 03−5281−3664

過去の合格率
第23回 4.3%
第22回 4.4%
第21回 5.8%