時刻表検定

時刻表検定とは、
時刻表に関する検定試験で1999年の秋に、鉄道、運輸、旅行、観光業界からなどの支援を受け、実施されています。

時刻表という一般的になじみの薄いものに対する知識、活用の楽しさなどを広めようとする目的があります。

時刻表検定試験には、第1種と第2種があります。

時刻表検定第1種では、時刻表を日常的業務に利用している方、趣味として高い水準で時刻表を活用している方などを対象としています。試験の得点によって時刻表博士・1級・2級を認定します。

時刻表検定第2種は、第1種より簡単な内容となり、時刻表ファンとしての初心者クラスから受験できます。得点によって3級・4級・5級を認定します。

【時刻表検定試験データ】

受験手数料
第1種 4,000円(高校生・高専生 3,500円、小・中学生 1,500円)
第2種 3,500円(高校生・高専生 3,000円、小・中学生 1,500円)
第1・2種併願受験 6,500円
(高校生・高専生 6,000円、小・中学生 3,000円)

受験資格
制限なし

試験内容
得点により以下の資格認定がなされます。
第1種
博士 200〜180点
1級 179〜150点
2級 149〜120点
(119点以下は不認定)

第2種
3級 200〜160点
4級 159〜120点
5級 119〜90点
(89点以下は不認定)

問合せ先
時刻表検定協会
〒164−0003
東京都中野区東中野3-17-11 トラベルジャーナル旅行専門学校内
電話 03-3360-2096