船内荷役作業主任者

船内荷役作業主任者の資格について

船内荷役作業主任者とは、
船舶へ乗り込んでの貨物の積み降ろし、移動作業(総トン数500トン未満の船舶において揚貨装置を用いないで行うものを除く)について、作業方法の決定、指揮及び設備、荷役機械、器具などの点検整備を行い、これらの使用状況を監視し、周辺の作業者との連絡調整を行うものをいいます。

【船内荷役作業主任者試験データ】

講習終了後、試験に合格することで取得できます。

受講資格
揚貨装置、クレーン、移動式クレーン、デリック運転士(国家資格内・ガテン系)免許取得後4年以上、船内荷役作業の業務に従事している者であること

講習内容
・作業指揮に関する知識
・設備、機械の構造・取り扱い知識
・玉掛け作業・合図
・荷役方法の知識
・法令知識

問合せ先
都道府県労働局安全課または港湾労災防止協会東京総支部
〒108−0022
東京都港区湾岸3-33-10
電話 03-3451-2644