クレーン運転士

クレーン運転士の資格について

クレーン運転士とは、
荷重5トン以上のクレーンを運転するために必要な資格です。荷重5トン以上のクレーンの種類には
天井クレーン、ジブクレーン、橋形クレーン、アンローダ、ケーブルクレーン、テルハ、スタッカークレーンなどがあります。

クレーンとは、荷を動力を用いてつり上げ(人力によるものは含まない)、これを水平に運搬する事を目的とする機械装置(人力によるものを含む)であるという、2つの条件を満たす機械装置のうち、移動式クレーンおよびデリック以外のものと定められています。

【クレーン運転士資格試験データ】

受験手数料
学科 8,300円
実技 11,100円

受験資格
18歳以上であれば、制限なし

試験内容
学科試験と実技試験があります。

問合せ先
安全衛生技術試験協会、各安全衛生技術センター
〒101−0065
東京都千代田区西神田3-8-1
電話 03-5275-1088

過去の合格率
平均 95%以上