PD公認訓練士

PD公認訓練士とは
日本警察犬協会(NPD)が認定する公認の訓練士です。

日本警察犬協会が認定する訓練士の等級には、一等訓練士長、一等訓練士正、一等訓練士、二等訓練士、三等訓練士、の5クラスあります。

三等訓練士になるには、訓練の経験と訓練実績が必要とされ、(社)ジャパンケネルクラブ(JKC)認定の試験では、訓練の経験と訓練実績は問われないので、JKCよりも資格取得が難しくなっています。


【 PD公認訓練士資格試験データ】

受験資格
各等級の受験資格です。
●三等訓練士
年齢18歳以上、協会の会員であること。訓練の経験と訓練実績があること。
(要 筆記試験)訓練実績とは当協会の訓練試験課目に2頭以上5課目以上自分が訓練した犬を合格させること。 訓練実績が規定に達しない場合は受験資格が与えられない。

●二等訓練士
三等訓練士として2年以上訓練に従事し、所定の条件を満たし、試験に合格した者であること。

●一等訓練士
二等訓練士として5年以上訓練に従事していること。当協会の関係機関からの推薦があること。

●一等訓練士正
一等訓練士としておおむね10年経過し、その間に当協会に貢献される等の条件を満たしている訓練士が対象となる。

●一等訓練士長
一等訓練士正としておおむね10年経過し、その間に当協会に対する功労があり、他の訓練士の模範となる訓練士が対象となる。

試験内容
学科、人物審査、術科

受験費用
受験課目1科目につき各4,000円

問合せ先
社団法人 日本警察犬協会
〒110−0015
東京都台東区東上野4−13−7 警察犬会館内
電話 03-5828-2521