JKC公認訓練士

JKC公認訓練士とは、

社団法人 ジャパンケネルクラブ(JKC)が認定する訓練士のことです。
訓練士の資格の取り方には、訓練所に見習いとして入る、専門学校・訓練士養成学校に通う、という方法があり、訓練所に入った場合は約5年間の見習い期間が求められ、また、学校を卒業した場合でも自立するにはさらに2〜3年は訓練所での経験が必要といわれています。


【JKC公認訓練士資格試験データ】

受験資格
●訓練士補
JKCが公認するトリマー指定機関で2年間の所定の課程を終了した者。

●訓練練士
満18歳以上であり、1年以上クラブ会員の資格を有し、訓練試験合格実績五頭以上の者。

●訓練教士
満25歳以上で練士経験2年以上、練士取得後の訓練試験合格実績がのべ40頭以上の者。

●訓練範士
満30歳以上で教士経験3年以上、教士取得後の訓練試験合格実績がのべ40頭以上の者。ブロック訓練競技会、本部訓練競技大会に5回以上参加した者。

●訓練師範
訓練師範の推薦資格は、年齢50歳以上、かつ、範士経験10年以上の者で、ブロック訓練士協議会ならびに中央訓練委員会の推薦を経て、理事会の承認を得たもの。

試験内容
筆記・訓練実技(訓練士補) 筆記(訓練士)

受験費用
受験1科目につき5,000円

問合せ先
社団法人 ジャパンケネルクラブ(JKC)
〒101−8552
東京都千代田区神田須田町1-5
電話 03-3251-1656