ペットシッター

ペットシッターとは、
ペットの世話をする仕事です。ペットシッターは、単なるペットの世話だけではなく、ペットの生活環境を理解し、愛情豊かに世話をし、細かな気を配り、必要に応じてペットのオーナーにも適切なアドバイスをしていく仕事です。

ペットオーナーが「気軽に安心してペットの世話を頼める」ペットシッター。
ペットシッターは、ペットにもオーナーにも信頼されなくてはならない資格です。

【ペットシッター資格試験情報】

「動物の愛護及び管理に関する法律の一部を改正する法律」が平成18年6月1日に施行されました。
これにより、ペットシッターは、登録制となり、動物取扱業として、各地方自治体への登録を要するようになりました。

動物取扱責任者としての知識及び技術を習得していることの証明ができる資格には、以下の5つのみです。

・愛玩動物飼養管理士
(社団法人日本愛玩動物協会)
・家庭動物販売士
(全国ペット小売業協会)
・GCT(Good Citizen Test)
(優良家庭犬普及協会)
・JAHA認定インストラクター
(社団法人日本動物病院福祉協会)
・公認訓練士          
(社団法人日本警察犬協会)

ペットシッターになるには、
ビジネス教育連盟・ペットシッタースクール「ペットシッター養成講座」を受講します。
3カ月間の通信講習である基礎科を受講後、7日間のスクーリングによる本科試験を受講。
本科修了後、ペットシッター認定試験を受験することができます。

試験は、筆記・面接があり、合格後、資格認定証が授与されます。