司書

司書とは、
都道府県、市町村の公共図書館等で図書館資料の選択、発注及び受け入れから、分類、目録作成、貸出業務、読書案内などを行う専門的職員をいいます。厳密には、図書館法に規定された法制度上の資格として「司書となる資格」があり、図書館法上の「司書」は図書館法にあるように、いわゆる公共の図書館に勤務し、資格を有する図書館専門職員のことをさします。

また、司書補は司書の職務を補助する役割を担います。

司書・司書補になるための資格は司書講習を受講するほか大学・短大で単位を履修し取得できますが、司書・司書補として活躍するためには当該自治体の採用試験を受けて図書館に配属されることが必要です。

【司書資格取得データ】

受験資格
以下に掲げる方法のうち、いづれかに該当すれば資格を取得したことになります。
・大学(短大を含む)又は高等専門学校卒業生が司書講習を修了し資格を得る。
・大学(短大を含む)で司書資格取得に必要な科目を履修し卒業を待って資格を得る。
(通信制・夜間・科目等履修を含む)
・3年以上司書補としての勤務経験者が司書講習を修了し資格を得る。

司書講習とは
例年7月〜9月にかけ、全国14大学程で実施される集中講習です。
講習では図書館に関する専門科目について学習します。

司書講習の受講資格
・大学に2年以上在学(短大卒業者含む)し、62単位以上を修得しているか又は高等専門学校を卒業していること。
・2年以上司書補(国立国会図書館又は大学若しくは高等専門学校の附属図書館の職員で司書補に相当するものも含む)として勤務した経験があるもの
※ 講習受講には、在学の学部学科及び履修した科目及び年齢制限は不問です。

問合せ先
各地の講習実施大学