コンパニオン・ドッグ・トレーナー

コンパニオン・ドッグ・トレーナーとは、
家庭犬をしつける訓練士の技能を認定する資格です。コンパニオン・ドッグ・トレーナーの資格に関しては、教育指導や資格の認定は、日本動物衛生看護師協会(JAHTA)が行っています。

コンパニオン・ドッグ・トレーナーは、家庭犬を扱う職場での仕事として、高い認知度があり、専門職として、就職や転職に有利です。


【コンパニオン・ドッグ・トレーナー資格試験データ】

コンパニオン・ドッグ・トレーナーの資格取得は、ヤマザキ動物看護短期大学あるいはヤマザキ動物専門学校のいずれかで学び、規定の単位を取得します。

その後、ドッグ・トレーニングの特別実習を受講し、日本動物衛生看護師協会が実施するコンパニオン・ドッグ・トレーナー認定試験に合格する必要があります。

試験
筆記、作文、書類審査、面接

試験日
10月〜3月にかけて各月1〜2回。

試験場所
ヤマザキ動物看護短期大学、ヤマザキ動物専門学校のいずれか

問い合わせ先
ヤマザキ動物専門学校
〒150-0046
東京都渋谷区松涛2-16-5
電話 03-5454-1101 

ヤマザキ動物看護短期大学
〒192-0364
東京八王子市南大沢4-7-2
電話 0426-53-0901